女にモテる メール術 男

女にモテる男のメール術 番外編

スポンサーリンク

女性を口説き、恋愛に発展させるためには、メールはとても大切なものです。
必ずしも、必要なものではないかもしれません。
なぜなら、メールのない時代から、ひいては電話さえもない時代から、恋愛は当然のこととして行われてきたのですから。


しかし、現代においては、恋愛におけるメールの使い方がちゃんとわかって使えているかどうかというのは、その恋愛を成功させられるかどうかに大きく関わってくることは事実なのです。

 

恋愛におけるメールのテクニックには、何事もそうですが、ごくごく初歩的かつ基本的なものから、少しレベルアップした中級編的な内容、そして、上級者にこそふさわしい難しいが、破壊力抜群の上級編的内容なものがあります。
このサイトでも、そのようにしてご紹介をしてまいりました。

スポンサーリンク

恋愛におけるメールテクニックを体系的に身につけたいという場合は、ぜひ、初級編から順番にステップアップしながら、マスターしていっていただければと思います。

 

しかし、これら、初級編から上級編として、組み込めなかった内容のテクニックもあります。
それらをまとめたのがこのカテゴリなのです。


これらの番外編のメール術は必ずしもマスターしておく必要はないという意味で、番外編としましたが、これらの番外編メール術をみにつけることができれば、より恋愛を有利にすすめることができますし、恋愛の幅ひいては、人生の幅も広がってくるものです。

 

もし余裕が有るようでしたら、あるいは、息抜きの参考程度としての取り組み方でも構いませんし、覗いてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女にモテる男のメール術 番外編 | モテる男の恋愛メール術記事一覧

いきなりですが、メールはボクシングで例えるならば、左ジャブです。これがまともに打てないのであれば勝負になりません。しかし、左を制するものは世界を制するともいえるのですメールを制する者は、女性を制する。メールはよくも悪くも「気軽なもの」です。だからこそ重要なのです。じゃあ、どんなメールを送るの?モテるメールってなに?俺、面白いことなんて書けないよ?こう思った方も多いでしょう。わたしはその問いに対して...

老若男女、だれもがいまや携帯電話を持っています。そして、2台持ちをしているような人も少なくありません。そのため、昔のように女性の家に電話をしても、「親が出ないかな〜」などといらない心配に気をもむこともなくなりました。その代わりに、電話やメールをする機会が増えたわけです。ということは、携帯電話での電話やメールのやりとりが重要になってくるわけです。ここではメールの技術、すなわちメール術について取り上げ...

突然ですが、この文章を読んでくださっている方々の中にモテモテの男性はいらっしゃいますでしょうか。私も、メールテクニックはじめ、恋愛テクニックを意識するようになってからは、女性には不自由しないようになりましたが、以前の私はまったくもてませんでした。半ば、このままのもてない人生でもいいかなと思っていて、もてるために何かをするということもなかったのですが、男友達に「お前が女の子に送るメールはそっけない。...

今回も知り合いの女性の体験談を紹介します。↓↓↓私は以前、いわるゆ「モテる男」と付き合っていたことがあります。とある理由で別れましたが、相変わらず、彼は女にモテるし、彼女も絶えずいるようです。今はメールが男女の交流に欠かせないツールになっていますね。私もその男性とは、メールで仲良くなり、そのまま交際へと発展しました。今思えば、もてるメールを書くのが上手な人でしたね。もてるためにメールを書いている、...

メールって今や一般的なコミュニケーションツールだけど、実は一番難しいツール。気になる異性と仲良くなりたいけど、いきなりデートは緊張するからまずはメールである程度仲良くなってから…なんてパターンも多いと思うけど、なんか思うように打ち解けない!なんてことはないですか?直接相手を目の前にして行うコミュニケーションなら、相手の言葉・目線・話す速さ・声色・表情・会話の間・その他相手の態度等すべてを加味して相...

もてるために、日夜色んな女性にメールを送っている、マメな男性がいます。マメさは大切なことで、大いに結構なことです。しかし、マメさの発揮の仕方をまちがえると逆効果になってしまうことがありますので要注意です。内容のずれた空気の読めていないメールを毎日送ると、もてるためには逆効果になってしまうのです。女性が、たいてい、イヤだな、うざいな、と感じる男性のメールは、「自分のことばかり書いてくる」といったこと...

今回も女性の体験談を元にもてる男のメールテクニックについて解説していきたいと思います。以下、知り合いの女性の体験談です。↓↓↓メールと言えば、その人の性格が結構出てきたりするのではないかと思っています。ちなみに、私は女性なのですが、男性から来るメールで、「(笑)」は許すことが出来るのですが、「www」に関してはやめて欲しいな、なんて思ってしまいます。さて、私の友人で、ものすごくモテる男性がいます。...

メ-ルで女にモテるもてる為には、リアルな男とオンナの間で使われるモテる男の法則が、当てはめようとしても あてはまらないものです。リアルな世界では際だって男前だとか 、ものすごいお金持ちだということでもソコソコ もてます。また 普通の顔で、大富豪ではない男性で モテル男性はみな、女性といっしょにいて 女性を楽しい気持ちにさせる技術を持っています。「この人といたら、私 凄く楽しい」と思わせることを特定...

メールは今や、コミュニケーションになくてはならない、重要なツールとなりました。これは恋愛においても、大変重要な位置を占めていますよね。メールひとつで、恋が始まることもあれば、また、メールひとつで終わってしまうこともあるのです。ですから、せっかくなら、モテるメール術を身につけたいものですね。そんな、もてるメールとはどのようなものか?メールが電話と違うところは、相手の反応が、ダイレクトには分かりません...

社交辞令はあいさつ感覚で言うようなもので、本音とは別の言葉です。礼儀として社交辞令を言っているつもりでも、時に女性は好意と勘違いしてしまいます。また、気になる女性からもらった社交辞令を本気にして、ガッカリしてしまうこともありますよね。もてる男は社交辞令も上手に見抜きます。≪どんなメールが社交辞令?≫気になる女性から、次のようなメールをもらったとします。「今度食事でも一緒に行けたらいいですね。」ほと...

「気が合う」と感じさせることは、もてる男のメールテクニックには欠かせない技です。では、いったいどんな時に女性は気が合うと感じるのでしょうか?≪やりとりが盛り上がる≫メールのやりとりがテンポよく進めば、それだけで気が合うと感じます。テンポよくやりとりを進めるには、相手と同じテンションでメールをすることです。もし相手が短文でこまめなやりとりをするのであればこちらも短文にしてみたり、返信が早めならこちら...

空メールとは、件名も本文も入っていない空っぽの状態のメールのことです。宛名にメールアドレスさえ入力すれば、簡単に空メールが送れますね。実は、この空メールを、恋愛テクニックに利用することができるんです。≪どんな風に使うのか≫空メールを送ってしまうときって、本文を入力しようと思っていたのに間違えて送信してしまうようなときです。そんなときは、慌ててその後に「ごめん、間違えて送っちゃった。さっきの用件は・...

女性が男性の友達を異性として意識し始めるきっかけの一つに、「呼び方が変わる」ということがあります。今まで名字にさん付けだったのに、ある瞬間から下の名前で呼ばれたり、呼び捨てになったりする時です。女性との距離を縮めるためには、効果的な手段ですよ。≪いきなりはメールで呼び捨てはダメ≫親しさを強調しようとして、いきなり呼び捨てにしてしまう人もいますよね。でも、それはやはり失礼で嫌がる人も多いので注意しま...

男女が恋に落ちるのは、ある程度パターンがあるようです。そんな恋愛のメカニズムを知って、気になる女性とのメールのやりとりに活かしてみましょう。≪恋愛にはホルモンが関係する≫まず、女性の魅力をアップさせるにはエストロゲンという女性ホルモンが関係します。男性の場合には、テストステロンという男性ホルモンの一種です。テストステロンが多い人は、顔も体型も男らしくなります。また、男女がときめくのにもホルモンのイ...

もてる男は、気遣いも上手です。気遣いができない人は、メールを送る時間帯にも無頓着でいます。忙しくて返事ができないのに、「どうして返事しないの?」と何度も送ってくる人もいますね。相手の都合も考えて、迷惑にならないような時間帯に送りましょう。≪携帯やスマートフォンは注意≫パソコンは電源を入れたときにしかメールをチェックしませんが、携帯電話やスマートフォンは別です。女性によって、自分の都合の悪いときには...

計画していたファーストデートが無事終われば、一安心ですよね。しかし、一度デートできたからといって、油断してはいけませんよ。確実に相手の女性を落とすには、アフターケアも忘れてはいけません。≪デートが終わったらメール≫まずは、デートが楽しくできたことに対してのお礼メールを送りましょう。別れた直後に送るのではなく、彼女が家に付く頃を見計らって送ります。「今日は付き合ってくれてありがとう。とても楽しかった...