女性 メール 注意点

女性とメールをするときの注意点 | モテる男の恋愛メール術記事一覧

女性といっても性格は人それぞれですので、どのポイントで嫌がるかも微妙に違ってきます。でも、明らかにどの人にも嫌がるようなメールを送りつけて、嫌われてしまうもてない男もいるんです。メールで失敗しないように、女性へのNGワードについて考えてみましょう。≪体型についてのワード≫例えばブラのカップ数や体重を聞くという行為は、あまりにもデリカシーに欠ける行為ですよね。いくら彼女の巨乳が気になったからといって...

携帯とパソコンのメールには、とても大きな違いがあります。それは、携帯電話には送るタイミングが重要だということです。パソコンのメールは電源を入れて起動したときにしか見ないので、いつ送ってもあまり気にすることはないでしょう。その代わり、返事も遅めになります。その点、携帯電話はいつでも電源を入れてそばに置いてあるので、届いたらすぐに気付いてもらえます。でも、自分が携帯電話をいじれる状態だからといって、相...

メアドを聞き出して初めてメールを送る時って、とても緊張しますよね。対人関係では第一印象が大事といいますが、ファーストメールもとても大事です。その後の二人の関係を左右しかねないので、より慎重になりましょう。≪自己紹介をする≫自己紹介といっても、そう堅苦しく考える必要はありません。初めて送るメールなので、どこの誰か分かるようにすればいいのです。こちらは相手が誰か分かって送っているけど、相手はアドレス帳...

もてる秘訣は、容姿の良し悪しだけではありません。もてる男は、メールでも抜け目が無いのです。反対に、もてない男はメールでも良く失敗をやらかします。そこで、もてない男が失敗しがちな例について、考えてみましょう。≪ガツガツしている≫ガツガツしている態度が文章でもすぐに分かるぐらい、あからさまな人です。・相手の休みやスケジュールをひたすら聞く・すぐに二人きりで会おうとしつこく誘う・忙しいと断られても、いつ...

束縛メールは、嫌がられる内容のひとつです。付き合っている人ならまだしも、彼氏でも何でもない人から束縛するようなメールが届いたらどう思うでしょうか?恐らく怖いという印象を与えるでしょう。そんなことにならないように、どんな文章が束縛と取られるのか考えてみましょう。≪様子を伺う内容≫「今何しているのかな?」「昨日の休みは一体何をしていたの?」など、行動を詮索するような文章はいけません。デートに誘うのを前...

好きな女性とのメールはどんなことをかいたらいいのか、悩んでしまいますよね。女性のこともあれこれ知りたいですし、自分がどんなに相手に好意を持っているか、どんな人間か知ってもらいたい!とつい熱がこもってしまうこともあります。しかし、一方的に自分のことばかり書いてしまうメールは、もてないメールになってしまいます。そもそも、女性は人の話を聞くよりも自分の話を聞いてくれるほうが好きです。「この人とだと楽しく...

メル友として長く続いてしまったら、そこから仲を進展させるのは非常に難しいものです。なぜなら、会わないでいるとドンドンと相手に対するイメージを膨らませてしまうからです。本来なら、そのイメージが定着してしまう前に実際に会ってしまって、現実のイメージを付けなくてはいけません。では、もし長くメル友として続いた女性との仲を打破して、特別な存在に発展させるにはどうしたらいいのでしょうか?≪写真交換はしている?...

マメな男はもてるといいますが、ただマメに行動すればいいというものでもありません。とにかくマメにすればいいだろうと、意味を履き違えてしつこくなってしまう人もいます。いったいどんな行為がしつこくなるのか、考えてみましょう。≪周りの人に相手のことを聞きまくる≫例えば、誕生日も何も教えていない相手から、いきなり花束が届いたらどう思うでしょうか?自分は何も教えていないのになぜ?と怖がってしまう可能性がありま...

女性を口説きたいと思う男性の心理は、下心があります。女性も心の奥底で男性に誘われたいと思っていても、あからさまに下心が見え見えだと警戒してしまいます。余裕のある男だと思わせるには、どうしたらいいのでしょうか?≪決して焦らない≫メールでは絶対焦らずに、下心を隠しましょう。ですから、知り合ってすぐに飲みに誘うなどしてはいけません。「君のことタイプなんだよね、付き合わない?」このような口説き文句も、あか...

もてる男は、分かりやすいメールを送ります。難解な文章は、読む側からしたら非常に面倒です。メールは小説ではありませんし、韻を踏む必要もありません。詩人や小説家、哲学者にでもなったつもりで、相手をドン引きさせてしまわないように気を付けましょう。≪どんなメールがNG?≫・普段使わないような難しい漢字を多用する・詩的に体言止めを多用する・映画のセリフや名言などを引用するメールを受け取る側は小説を読もうとし...

片思いというのは、辛いものです。相手のことが好きなのに、なかなか振り向いてもらえないのですから。でも、メールのやりとりができているなら、繋がりがあるのですからまだ望みはあります。思いが強過ぎて失敗しないように、慎重になりましょう。≪片思い中にやってはいけないこと≫・返事を促す早く彼女のメールが欲しいからといって、返事を促すような行為は止めましょう。「なかなか返事こないけど忙しいのかな?」とか、「い...

メールは単なる連絡手段に過ぎないと思っている男性も多いでしょうが、実は結構その人となりが出てしまうものです。それだけに、ちょっとしたことで相手を不快にさせてしまうこともあります。特に社会人として気を付けないといけないのは、礼儀です。いいなと思っている女性にメールするときに馴れ馴れし過ぎると思われてしまっては、その後のやりとりが続かなくなってしまいます。≪あまり親しくないときには特に注意≫メールアド...

メールは文字だけなので、面と顔を合わせた時には何とも思わない言葉でも、ぐさっと胸に突き刺さることがあります。冷たい文章にならないように、文字に少しでも温かみを加える努力をしてみましょう。≪記号や絵文字を活用する≫文字だけの情報であるメールに感情を吹き込むには、やはり絵文字や顔文字が一番ですよね。楽しい感情を表現するには笑顔、寂しい感情を表現するには涙顔の絵文字を使うことでメールの印象が変わります。...

ネガティブな内容のメールばかりでは、受け取った側も気分が重くなって返事をするのもうっとおしくなります。連絡が途絶えてしまわないように、ポジティブなメールを心がけましょう。≪ネガティブな言葉とは≫どうせ俺なんて、もてない、ダメ、自信が無いなどは、どれもネガティブなワードとして取られてしまいます。そもそも、どうしてそのような言葉ばかりが出てきてしまうのかというと、やはり根底には自信の無さがあるからでし...

メールでいい感じになっている女性がいたら、早いうちにデートに誘いましょう。もてる男になるためには、誘い方でも失敗してはいけません。誘い方次第では、OKになるものも断られてしまう可能性があります。≪デートのプランを女性に丸投げしない≫女性の意見を尊重するのもいいことですが、日時や場所まで、相手の女性に決めさせるのは良くありません。相手に丸投げしている時点で、かなり印象が悪くなっている可能性があります...

彼女をどうにか落としたいと思うばかりに、焦り過ぎてしまうのは失敗の元です。しかし、あまりにも慎重になり過ぎて嫌われないようにしようとメールしていた結果、いい人で終わってしまうケースもあります。焦るのも禁物ですが、慎重すぎるのも良くありません。どんな人がいい人で終わってしまうのか、考えてみましょう。≪いつまでも丁寧なメール≫最初は馴れ馴れしくするのは禁物ですが、いつまで経っても文章が丁寧過ぎるのもい...

飲み会の席などで、手っ取り早く場を盛り上げるのは下ネタだと思っていませんか?確かに大人同士の付き合いなら、時には軽い下ネタトークで盛り上がってしまうことってありますよね。しかし、女性がいる場でこのようなことをやってしまうと、かなり危険です。笑っていてもそれは場の雰囲気を壊さないようにしているだけで、本当は嫌なのかもしれません。「あの人下ネタばかり話すからエロくて苦手」と嫌われないように、気を付けま...

男女の仲を親密にさせるツールとして、携帯メールは有効です。やりとりが続かなければ意味がありませんので、返信しやすいメールを心がけるのは基本ですよね。では、どんな内容が具体的に返信しづらいと感じるのか、考えていきましょう。≪とにかく長い文≫長文メールは、中にどんなことが書いてあったとしても、読む気が失せてしまいます。読んでいないのですから、返事が来るわけがありませんよね。まずは受け取る相手に読んでも...

落としたいと思っている女性のことは、何でも知りたくなりますよね。どんなことに興味があるのか、休日には何をしているのか、どんなタイプの男性が好きなのか・・でも、あまりにもメールに質問がぎっしり詰まっていると、嫌われてしまう原因になります。≪ストーカーチックな質問に注意≫例えば、利用している電車の路線や駅、時間などを事細かく聞いてきたり、行動を事細かくチェックするような質問は、数が多くなくても嫌われま...

恋愛においてイニシアチブを取れる男性は、もてる男と言えます。イニシアチブとは主導権のことですが、女性に主導権を握られっぱなしでは決してもてる男とは言えないですよね。≪恋愛で主導権を取るということ≫男女間で主導権を握るということは、精神的に相手より上に立つことを意味します。ですから、好きになるのではなく好かれる、相談事をするのではなく相談されることです。女性にも特に追いかける恋愛の方が好きという人も...

包容力があって大人の余裕のある男性は、女性ウケもいいですよね。しかし、大人っぽいのを履き違えてしまい、ただの上から目線になってしまう場合があります。偉そうにしている男性は苦手な女性もたくさんいますので、メールのやりとりでも気を付けましょう。≪自分の意見を押しつける≫自分に自信が無い人よりは自信のある人の方が魅力的です。ですが、自信があるからといって、自分の意見を他人に押し付けるのは良くありません。...

コンスタントに何度もメールのやりとりを続けているなら、まずは第一段階クリアですよね。もしメル友が目標ならそのままでもいいですが、それでは女性にもてるというテーマから外れてしまいます。何度もメールのやりとりをしている中で、女性は男性に口説いてもらいたいというサインを出す場合があります。そのサインを見逃してしまうと、みすみす女性を落とすチャンスを取り逃がしてしまうことになります。例えば、「明日の休みな...

顔だけ見ればイケメンなのに、なぜか女性にもてない男性は結構います。顔も確かにもてるための一つの要素ではありますが、それだけではなく、もっと大事な何かが必要だということが分かりますね。≪致命的な欠点≫女性にもてない決定的な欠点といえば、コミュニケーションを取るのが苦手なことが考えられます。人と話そうとはせず、いつも1人の世界を保っている人は、他人から見ると何を考えているか分らず、近寄りがたくなります...