モテる男 メール ギャップ 演出

モテる男はメールでもギャップを演出する

スポンサーリンク

女にモテることを意識しているわけではないのに、なぜかもてるメールというのがあります。
そのなかのひとつに、いわゆる「ギャップ」を感じられるといったものがあります。
どういうことかというと、普段の、会っている時などのその人と、メールでの印象に、かなりギャップがあるといった場合です。


「ギャップ」というのは、それ自体、人が人を好きになる要素として大きなものなのです。
意外な一面を見ると、「ハっ」として、好きになってしまうといった感じでしょうか。
メールにおけるギャップの例としては、普段は、どちらかというと大人しく、無口でとっつきにくいイメージがあるのに、メールでのやりとりでは、とても明るい印象で、絵文字もカラフルだったり、口調も優しかったり、面白かったりなど、また、普段は表に出していない内面を感じられる文章を書いているなどといったことです。

スポンサーリンク

こんなメールだと、女の子がビックリして、たいていストレートに「普段の印象と違うよね?」なんていう反応が返ってくると思います。
そこで、「普段は、恥ずかしがり屋だけど、本当はキミともっと話したいと思っていたんだ」などと書けば効果的ですね。
女の子は、自分だけには心を開いて色々話してくれる、と思って親近感を持ちやすくなるでしょう。


また、ギャップといっても、普段は大変やかましく面白い人であるのに、メールでは素っ気ない・・・というのでは、あまり好印象は抱かないと思います。
そんな人は、素っ気なくするのではなく、繊細な一面をメールで見せるようにすると、これもまた、女の子は「意外に繊細なの?」などと、女性本能をくすぐられてあなたに興味を持ってくれる可能性が高まります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加