メール 返信しにくい 内容 具体例

返信しにくい内容のメールの具体例

スポンサーリンク

男女の仲を親密にさせるツールとして、携帯メールは有効です。
やりとりが続かなければ意味がありませんので、返信しやすいメールを心がけるのは基本ですよね。
では、どんな内容が具体的に返信しづらいと感じるのか、考えていきましょう。
≪とにかく長い文≫
長文メールは、中にどんなことが書いてあったとしても、読む気が失せてしまいます。
読んでいないのですから、返事が来るわけがありませんよね。
まずは受け取る相手に読んでもらう工夫をする必要があります。


≪答えにくい質問≫
返事をもらうには質問を入れるといいと言いますよね。
ところが、質問を入れているのに、女性に無視されて返事が来ないこともあります。
もしかしたら、その質問内容あ、答えにくいものではありませんか?

スポンサーリンク

例えば過去の恋愛に関することなど、相手が話したくない内容、体型に関することなどです。
他にも、おおざっぱ過ぎる質問も返事をしづらいです。
「何々についてどう思う?」という聞き方も、どうやって返していいのか悩んでしまう人も多いです。


≪酔っ払ったとき、自分のことばかり書いてあるなど≫
酔っ払ってつい気になる女性にメールしたくなる気持ちは分かりますが、受け取る側としてはちょっと困りものです。
特に内容が支離滅裂であれば、返事のしようがありませんよね。
他にも、自分のことばかりをずっと書いてあるメールも、どう返事していいか分りません。
優しい子ならどうにか返事してくれるでしょうが、あまりにも独りよがりなメールが続くと、連絡も途絶えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加