いい人で終わるタイプ 特徴 メール

いい人で終わるタイプのメールの特徴

スポンサーリンク

彼女をどうにか落としたいと思うばかりに、焦り過ぎてしまうのは失敗の元です。
しかし、あまりにも慎重になり過ぎて嫌われないようにしようとメールしていた結果、いい人で終わってしまうケースもあります。
焦るのも禁物ですが、慎重すぎるのも良くありません。
どんな人がいい人で終わってしまうのか、考えてみましょう。


≪いつまでも丁寧なメール≫
最初は馴れ馴れしくするのは禁物ですが、いつまで経っても文章が丁寧過ぎるのもいい人で終わってしまう可能性があります。
ある程度メールのやりとりが続いていたら、時にはタメ口をしてみましょう。
相手も同じ様にタメ口で返してくれたら、少し距離が縮んだ証拠ですね。

スポンサーリンク

≪誰にでも優しい≫
誰にでも優しい人はもちろんいい人なんですが、異性として意識させるならちょっと物足りません。
女性は自分だけが特別だと思ったときに、異性として意識してしまいます。
ですから、もし同じ飲み会などに参加するときは、チャンスです。
あからさまな態度はいけませんが、ちょっぴり他の人よりも親切にしてあげたり、笑顔を見せたりするだけで差が生まれますよ。


≪自信が無い≫
もしかしたら、自分に自信が無いばかりに周囲に意見を合わせてばかりということはありませんか?
時には自分の意見を言う主体性が無いと、やはり異性としての魅力に欠けます。
相談事を持ちかけられたときでも、ただの聞き役に徹するのではなく時には意見を言う必要があります。
そうしなければ、いい人から一歩前には進めません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加