片思い メール 内容 失敗 女性

片思いの女性に送るメールの内容の失敗例

スポンサーリンク

片思いというのは、辛いものです。
相手のことが好きなのに、なかなか振り向いてもらえないのですから。
でも、メールのやりとりができているなら、繋がりがあるのですからまだ望みはあります。
思いが強過ぎて失敗しないように、慎重になりましょう。
≪片思い中にやってはいけないこと≫
・返事を促す
早く彼女のメールが欲しいからといって、返事を促すような行為は止めましょう。
「なかなか返事こないけど忙しいのかな?」とか、「いつだったら手が空くのかな?」といようなメールは送らないで下さい。


・重いメールを送ってしまう
「会いたくなってしまった」
「こんなに好きなのに」
「君のことを考えていたら寝られなくなってしまった」

スポンサーリンク

このようなメールをもらってしまったら、相手は重荷に感じるだけです。
今まで楽しくやりとりができていたのに、重荷になる文章を送ってしまったばっかりに、やりとりさえも途絶えてしまうことだってあり得ます。
距離が縮まったという確信が得られるまで、決して告白・重荷な内容は送らないようにしましょう。


≪見返りを求める≫
これだけ自分は思っているのに、相手も何かしてもらってもいいはず。
そんな考えではダメです。
見返りを求め過ぎていると、知らず知らずのうちに文章にも表れてしまい、これも重荷に思われてしまいます。
確かに相手に振り向いてもらいたいという気持ちは当然のことなんですが、向こうがまったく興味がなさげな時に振り向いてもらいたいと思うだけではいけません。
まずは楽しくやりとりを続けて、だんだんと親しくなることが先決です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加