気が合う人 異性 メール術

気が合う人だと異性に思わせるメール術

スポンサーリンク

「気が合う」と感じさせることは、もてる男のメールテクニックには欠かせない技です。
では、いったいどんな時に女性は気が合うと感じるのでしょうか?
≪やりとりが盛り上がる≫
メールのやりとりがテンポよく進めば、それだけで気が合うと感じます。
テンポよくやりとりを進めるには、相手と同じテンションでメールをすることです。
もし相手が短文でこまめなやりとりをするのであればこちらも短文にしてみたり、返信が早めならこちらもできるだけ早めに送信します。


≪同調する≫
相手の意見に同調すれば、気が合うと感じやすいです。
同調ワードをメールに盛り込むといいのですが、あまりにも同じ単語ばかりだと単調になってしまいます。
なるほど、確かに、そうだよねなど、色々言葉を変えてやりとりをするといいですね。
ボキャブラリーが豊富だと、文章に変化が出て会話も弾みます。

スポンサーリンク

≪趣味が一緒≫
当然ながら趣味が一緒だと、同じ話題で盛り上がれるので気が合うと感じやすいですね。
しかし、趣味が一緒というだけでは気が合うということにはなりません。
相手の気持ちに同調する、テンポを合わせるというポイントを組み合わせていけば、より上手くいきます。


≪話題に困ったとき≫
女性とどんな話をしたらいいのか分らなかったら、まずは女性が興味ありそうな分野から話のネタを仕入れてみましょう。
例えばダイエット、占い、ファッション、グルメ、美容、ペットなど。
これらの話題を振ってあげて、相手がどんなことに興味があるのか少しずつ探っていくといいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加