メール デート 誘い方 NG

メールでのデートの誘い方のNG

スポンサーリンク

メールでいい感じになっている女性がいたら、早いうちにデートに誘いましょう。
もてる男になるためには、誘い方でも失敗してはいけません。
誘い方次第では、OKになるものも断られてしまう可能性があります。
≪デートのプランを女性に丸投げしない≫
女性の意見を尊重するのもいいことですが、日時や場所まで、相手の女性に決めさせるのは良くありません。
相手に丸投げしている時点で、かなり印象が悪くなっている可能性があります。


もし、彼女が都合のいい日を来週の土日と言っているなら、土日のどちらでもいいので、自分で日時を決めましょう。
場所もいくつか彼女が好きそうな感じの店をリサーチしておいて、「この店で土曜の何時でOK?」とメールで送って具体的にこちらで決定します。
あくまでも、男性がリードするようにしましょう。
後は、最終的に彼女からOKをもらうだけです。

スポンサーリンク

≪デートという言葉を使わない≫
デート、デートと言いますが、メールで「デートでもしない?」と誘うのは何だか変だと思いませんか?
誘われた側の女性も、「え?デートなの?」と身構えてしまうかもしれません。
一緒に食事に行く、映画を観に行く、サッカーの試合を観に行くなど、目的をはっきりしてから誘ったほうが、女性もOKしやすいですよ。


≪何日も前に約束したデートは再確認≫
1週間以上も前にデートの約束をするのもいいのですが、約束当日まで連絡もせずほったらかしにするのはいけません。
せめて前日に、約束の再確認を兼ねてメールしましょう。
日時や場所の勘違いで、すれ違いになってしまっては勿体ないですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加