久しぶり メール きっかけ 女性

女性への久しぶりのメールのきっかけの作り方

スポンサーリンク

携帯の連絡先の中に、長く連絡していないけど気になる女性っていませんか?
でも、あまりにも連絡しない期間が空きすぎていると、再び連絡を取るのはかなり勇気が要ります。
≪あまり考えすぎない≫
まず、長い期間メールしていないからといって、あまり気負わないようにしましょう。
「久しぶり、元気だった?」と軽く近況を聞く感じで送ってみましょう。
もし返事が来たら、チャンスです。
そこから話を膨らまして、次もメールできる仲まで持っていけばバッチリですね。
共通の友人がいるなら、その人の話をしてみるのもいいでしょう。


≪季節を利用する≫
例えば暑中見舞い、年賀、クリスマスなどです。
これなら、久しぶりでも気不味くありませんよね。
ただし、1回限りのメールで終わっては意味がありませんので、返事が来たらそこからできるだけやりとりを続ける努力をしましょう。

スポンサーリンク

≪こんなメールはNG≫
久しぶりなのに、かなりの長文や重苦しいメールはいけません。
読む気も失せてしまい、返事をする気も無くなるでしょう。
質問攻めや自分の近況を盛り込み過ぎるのも良くありません。
聞きたいことがたくさんあっても、まずは軽く様子見でメールを送るのがいいですよ。


≪以前話していた内容を思い出してみよう≫
以前彼女が好きだといっていた音楽や映画、お店などの情報を思い出して、久しぶりメールに話題を盛り込んでみましょう。
例えば、「あのお店ってまだやっているかな?」と軽く質問したら、返事もしやすいですよね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加