キャバ嬢 メール 送り方 返信 方法

キャバ嬢からのメールの返信が遅い理由

スポンサーリンク

恋愛経験の少ない人ほど、キャバ嬢の接客を好意と勘違いしてしまいがちです。
もちろんキャバ嬢だって普通の女性ですので、恋もしますしお客さんも好きになることだってあります。
でも、ただの客から特別な存在になるのはハードルが高いということを理解しましょう。


≪メールアドレスは簡単に聞ける≫
お店にお客を呼ぶためにも、客には簡単にメールアドレスを教えてくれます。
だから、メアド知っているからと有頂天になってはいけません。
メールも、ほとんどお店に呼ぶための営業メールばかりでしょう。
そのため、メールのやりとりをしていても返信が遅いこともよくあります。
中には非常に巧妙に相手に好意を持っているようなそぶりをして、お客の心をグッと掴める人もいます。
恋愛しているような振りをするのを色恋営業といいますが、色恋営業に騙されてはいけません。

スポンサーリンク

もしキャバ嬢と特別な関係になりたいなら、何度も店に行ってはいけません。
店に行った時も、高いフルーツ盛りを頼んだり、何時間も延長したりするのはただのカモとしか思われません。
お客と嬢という関係が固定してしまわないうちに、プライベートでも親しくなれるように工夫してみると良いでしょう。


≪こんなキャバ嬢なら脈があるかも≫
キャバ嬢でも、バイト感覚で来ている子やあまり仕事ができない子なら、落とせる可能性は高いです。
メールは彼女の休日を狙ってしてみましょう。
お店の出勤日と関係無くメールのやりとりを続け、プライベートで会えるか誘ってみましょう。
お店の出勤日にだけ会うのは、営業目的です。
休日にデートできるようになれば、可能性はあるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加