モテる メール術 テクニック

モテるメール術〜ちょっとしたテクニック〜

スポンサーリンク

もてない男性は、女性とのメールがとても苦手と言います。
他にもデートに誘うのが苦手、断られるのが怖いという人もいますね。
せっかくメールアドレスをしっているんですから、女性と親しくなるために利用しなくては損ですよ。
女性とのメールが得意になる、ちょっとしたコツをまとめました。


≪本文には名前を入れる≫
その人に呼び掛けているという印象を強めるために、たまにはメール本文に相手の名前を入れてみましょう。
テレビの番組の話題を振るにしても、「○○ちゃん、昨日のテレビ観た?」というように、相手の名前を入れるのです。
でも、毎回入れるのはやり過ぎですので、1日1・2回ぐらいにしておいて下さい。

スポンサーリンク

≪最初のお誘いは断られるもの≫
デートのお誘いは2人の距離が十分に縮まってからというやり方もありますが、あえて早いうちに誘っておく方法もあります。
しかし、これは断られるものと思って置いて下さい。
女性が断りやすいように、あえて日時を大まかに設定するのがコツです。
例えば、「来月にでも一緒に食事行かない?」といった感じで誘ってみます。
女性はまだ親しくない男性に対し警戒心を持っているので、恐らく断る可能性が高いでしょう。
でも、角を立てたくないので、「来月の予定はまだ分からないので」とやんわり断ることができます。


断られた男性も、「そうだよね、じゃあまた都合のいい時にでも考えようね」と余裕を持たせることができます。
本格的に誘うのは、もっと2人が親密になってからです。
その前に、軽くジャブを打っておくのもいいですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加