メール ポジティブ

ポジティブなメールを心がけよう

スポンサーリンク

ネガティブな内容のメールばかりでは、受け取った側も気分が重くなって返事をするのもうっとおしくなります。
連絡が途絶えてしまわないように、ポジティブなメールを心がけましょう。
≪ネガティブな言葉とは≫
どうせ俺なんて、もてない、ダメ、自信が無いなどは、どれもネガティブなワードとして取られてしまいます。
そもそも、どうしてそのような言葉ばかりが出てきてしまうのかというと、やはり根底には自信の無さがあるからでしょう。
自慢ばかりをする人も嫌われてしまいますが、もっと自分というものに自信を持って堂々とするのが大切です。


≪ネガティブなことは伝え方次第≫
自虐的な内容でウケを狙って笑いを取る方法もあります。
「昨日電車を乗り過ごして遅刻してしまった。本当に俺ってダメな奴だ」
このように伝えてしまったら、ただの暗い落ち込みメールです。

スポンサーリンク

そこに絵文字や記号を入れるだけで印象が明るくなります。
涙や泣き顔を入れてみるなどして、印象を柔らかくしてみましょう。
暗すぎると、励ましも送りにくいものですよ。
「本当俺ってドジだよね〜でもこんな経験って無い?」
失敗談でも、そこからメールのやりとりを続けることもできます。


それでも、自虐ネタが連発するとやはり相手はうんざりしてしまいます。
・ただの暗いメールを送りつけない
・絵文字や顔文字で印象を明るくする
・自虐を連発しない
これらのポイントに注意しながら、できるだけ楽しいメールのやりとりを続けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加