好き好きアピール メール 男性 うざい

好き好きアピールメールをする男性はうざい

スポンサーリンク

恋愛においてイニシアチブを取れる男性は、もてる男と言えます。
イニシアチブとは主導権のことですが、女性に主導権を握られっぱなしでは決してもてる男とは言えないですよね。


≪恋愛で主導権を取るということ≫
男女間で主導権を握るということは、精神的に相手より上に立つことを意味します。
ですから、好きになるのではなく好かれる、相談事をするのではなく相談されることです。
女性にも特に追いかける恋愛の方が好きという人もいますので、上手に引っ張っていくと女性の方から夢中になってきます。

スポンサーリンク

≪あなたに夢中という態度は出さない≫
いかにもあなたに夢中ですという態度を出してしまうと、とても主導権を握ることなんてできません。
メールの返信がやたらと早い、文面にハートなどの絵文字が多い、返事が遅いと落ち込む、相手のことが知りたくて質問ばかりするなど、このような態度をしてしまったら明らかに女性に振り回されている感じがします。
メールの返信も、忙しくてなかなか返せなかったぐらいでいる方が、余裕があっていいものです。
女性もちょっと焦らされてしまい、何でメールくれないの?とイライラしつつ気になってしまいます。


≪優しさでフォローを忘れない≫
ただ主導権を握ろうとしてメールの返信を焦らすだけでは、ただの傲慢な男にしかなりません。
やっとの思いで返信するメールには、ちゃんと優しさを表現しましょう。
寂しい思いをさせるけど会った時には優しくしてくれるから、だんだん女性も夢中になっていくのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加