メール 冷たい 男 モテる 女性心理

女性心理を理解してモテる男は冷たいメールを送らない

スポンサーリンク

メールは文字だけなので、面と顔を合わせた時には何とも思わない言葉でも、ぐさっと胸に突き刺さることがあります。
冷たい文章にならないように、文字に少しでも温かみを加える努力をしてみましょう。


≪記号や絵文字を活用する≫
文字だけの情報であるメールに感情を吹き込むには、やはり絵文字や顔文字が一番ですよね。
楽しい感情を表現するには笑顔、寂しい感情を表現するには涙顔の絵文字を使うことでメールの印象が変わります。
しかし、絵文字も適度に使わないと、痛いイメージを与えてしまいます。
どれぐらいが適当かという線引きはなかなかできませんが、1文ごとに絵文字を入れるのはさすがに使い過ぎだと思ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

もし絵文字をどうしても使えないというなら、簡単な記号をプラスするだけでも文面の印象は変わります。
例えば、「嬉しい」と「嬉しい!」では、後者の感情の方が伝わりますよね。
このようにほんのちょっと工夫するだけでも、冷たいメールから脱出できます。


≪絵文字の種類には注意≫
いくら適度に絵文字を使ったほうが良いとは言え、男性が使うとちょっと印象がダウンしてしまう絵文字もあります。
例えば、凝り過ぎたギャル用のキラキラデコメ絵文字などです。
明らかにどこかのサイトからわざわざダウンロードしたんだろうというギャル絵文字が満載では、ちょっと痛いですよね。
使う絵文字は、元々携帯電話に内蔵しているオーソドックスなものにした方が無難ですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加