メール 女性 呼び捨て タイミング

メールで女性を呼び捨てにするタイミング

スポンサーリンク

女性が男性の友達を異性として意識し始めるきっかけの一つに、「呼び方が変わる」ということがあります。
今まで名字にさん付けだったのに、ある瞬間から下の名前で呼ばれたり、呼び捨てになったりする時です。
女性との距離を縮めるためには、効果的な手段ですよ。


≪いきなりはメールで呼び捨てはダメ≫
親しさを強調しようとして、いきなり呼び捨てにしてしまう人もいますよね。
でも、それはやはり失礼で嫌がる人も多いので注意しましょう。
最初は名字にさん付けで、丁寧にやりとりを続けておく方が無難です。
呼び方を崩すのは、お互い大分打ち解けたなと感じてからです。
メールの文面でタメ口が増えてきたら、大分親しくなってきた証拠です。
そんなときに、いつもと違う呼び方をしてみましょう。

スポンサーリンク

≪呼び捨てには注意≫
どんなに親しくなっても、彼氏でも無い人に下の名前を呼び捨てにされるのは絶対嫌だという人もいます。
もし相手の女性がとても真面目な感じの人なら、下の名前にさん付けをしたり、ちゃん付けをしたりしましょう。


≪年上の女性≫
年上の女性の場合は、さすがに下の名前を呼び捨てにするのは失礼な感じがします。
せめて名字ではなく、下の名前にさん付けで呼んだ方が親しみを感じますよ。
鈴木さんよりも裕子さんの方がいいですよね。
また、女性によっては、年下の男性からちゃん付けで呼ばれるのも抵抗が無い人もいます。
試しに「裕子ちゃんて呼んでもいい?」とメールで聞いてみるのもいいのではないでしょうか?
照れながらも、結構喜ぶ人もいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加