モテるメールの打ち方

モテるメールの打ち方

スポンサーリンク

今回も知り合いの女性の体験談を紹介します。
↓↓↓
私は以前、いわるゆ「モテる男」と付き合っていたことがあります。
とある理由で別れましたが、相変わらず、彼は女にモテるし、彼女も絶えずいるようです。
今はメールが男女の交流に欠かせないツールになっていますね。
私もその男性とは、メールで仲良くなり、そのまま交際へと発展しました。
今思えば、もてるメールを書くのが上手な人でしたね。
もてるためにメールを書いている、ということを聞いたことがあります。


とにかく、マメで、よくメールをくれました。
男性は一言二言の文章しか書かない人が多いようですが、
彼は「今日、こんなことがあったよ」というような、日常の話題もメールで書いてきていました。
絵文字も欠かさず書いてあったので、読んでいても楽しかったですね。
そして、できるだけ女性にリードを取らせ、聞き役に徹していたような気がします。
いわゆる、聞き上手だったので、私なんかは職場の愚痴なども、全部メールで聞いてもらっていました。

スポンサーリンク

男性は、「それは、君がおかしいんじゃない?」「そこは、こうしたほうがいいよ」という風に、助言を求められているんだと勘違いして、メールでアドバイスをしてくる人がいますよね。
あれは逆効果だと思います。
女性はとにかく聞いて欲しいだけなので、
「うんうん、そうだよね。分かるよ、大変だったんだね」と言ってもらえると、安心するし、この人は私のコトを分かってくれている、と相手を信じることができます。
彼は、そういったメール術を巧みに使っていた人だなぁ、と今改めて思います。


 

以上になります。今回も大いに参考になる体験談でした。
体験談の中の彼も、例にもれずやはり「マメ」であったようです。
また、メールだけでなく、女性と会話する際には、女性は解決策を求めているわけではないということです。
男性の場合は、ついつい、解決策をえらそうにアドバイスしてしまいがちなのですが、
やさしく、同意して、「共感」してあげることが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加