メール 上手 恋愛 モテる 男

メール上手は恋愛上手なモテる男!?

スポンサーリンク

メールって今や一般的なコミュニケーションツールだけど、実は一番難しいツール。
気になる異性と仲良くなりたいけど、
いきなりデートは緊張するからまずはメールである程度仲良くなってから…
なんてパターンも多いと思うけど、なんか思うように打ち解けない!
なんてことはないですか?


直接相手を目の前にして行うコミュニケーションなら、
相手の言葉・目線・話す速さ・声色・表情・会話の間・その他
相手の態度等すべてを加味して相手の言わんとしていることを読み取ることができるけど、
メールだと文面だけで判断しないといけないからです。
やっぱり誤解が生じることが多くなってしまいます。


じゃあ、誤解を減らせる、モテるメール術とはなんでしょうか。
それは相手に不安感を与えないようフォローを挟むこと。
さっきも書いたけど、相手と直接会って行うコミュニケーション
(いわゆるフェイストゥーフェイスコミュニケーション)は、
メールでのコミュニケーションと比べて、
言葉以外にも相手の気持ちを読み取る情報はたくさんあります。
人はこの「相手の気持ちをうまく汲み取れない」時、無意識に不安感を持つといわれています。

スポンサーリンク

例えば、会話(メール)が途切れたとき、目の前に相手がいれば、
次の言葉を考えてるのか、何か気に障ることを言ってしまい怒っているのか、
電話がかかってきてその対応をしているのか、
はたまたトイレに行くため席を外したのか
(もちろんその場合は一言あるだろうけど)等、言葉以外の情報で察することができる。
しかしこれがメールだと、言葉以外の情報がないから不安感を抱くのです。


何か変なこと言ったのかな、忙しいのにしつこかったのかな…等ですね。
だからそういう不安を抱かせないようにできるだけ言葉で情報を与えてあげればいいんです。
例えば、「急に仕事の電話がかかってくることがあるから、
突然メール途絶えたらごめんね」とか「返信途絶えたら寝落ちしちゃったと思って」とか、
それだけでも印象は全然違うはずです。
(もちろんやりすぎは禁物ですけどね。)
さらに、この気遣い一言に、「忙しかったら落ち着いたときにゆっくり返信くれればいいよ」とか
「○○ちゃんも眠かったら寝ちゃっていいからね」みたいな相手のことも気遣える一言も添えられたら最高ですね。
相手に安心感を与えるっていうのは関係を良好に始めるのに一番大切なことです。
もてるために…なんて下心じゃなくてすべての人にこういう気遣いができる人が、結果的にモテる男かもしれないですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加