モテる 男 メール術 装飾 注意

モテる男のメール術では装飾に注意

スポンサーリンク

メールで女にモテるためのメール術を紹介したいと思います。
もてるためには、メールの内容よりも、装飾、疑問符、改行、文字数などに注目することが大切です。
メールというのは、話し言葉ではないため、第一印象が大切となります。
メール画面を開いた際に、どんな印象を与えるかを考えなければなりません。


注意したいのが、長文、多すぎる改行、派手すぎる装飾の三点です。
いくら気持ちを伝えたいと思っても、懲りすぎているメールは逆効果になります。
一度に伝えようとせず、やり取りをする中で気持ちを伝えていくべきです。
また、数回に分けたほうが、その分送受信のやり取りの回数が増えることにもなります。

スポンサーリンク

そして、最も注意すべきなのが、疑問符です。
返信が欲しいからといって、毎回文末に疑問符をつけることは避けるべきです。
疑問符を受け取った女性は、返信を強要されていると感じて取ってしまうからです。
もちろん、全く使わないのではメールが成り立たないこともあると思います。
しかし、疑問符をつけずに送信することが、モテるメール術の基本であると思います。
少なくとも毎回疑問符をつけることは避けなくてはなりません。


逆に、女性の返信に疑問符をついていれば、メールの第一印象が良かったといっても過言ではないと思います。
装飾については、絵文字や顔文字が無いと、感情がこもっていないと感じる女性がいる一方、男性が絵文字や顔文字を使うことを好まない女性もいます。
これは、女性のメールを見て、相手に合わせることが無難です。
初めてメールを送る場合は、絵文字や顔文字を使わないか、一つか二つ程度使い、様子を見る必要があります。
このように、モテるメール術では、メールの内容以外の点がポイントとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加