分かりやすいメールの書き方

分かりやすいメールの書き方で女性にメールを

スポンサーリンク

もてる男は、分かりやすいメールを送ります。
難解な文章は、読む側からしたら非常に面倒です。
メールは小説ではありませんし、韻を踏む必要もありません。
詩人や小説家、哲学者にでもなったつもりで、相手をドン引きさせてしまわないように気を付けましょう。


≪どんなメールがNG?≫
・普段使わないような難しい漢字を多用する
・詩的に体言止めを多用する
・映画のセリフや名言などを引用する
メールを受け取る側は小説を読もうとしているわけではないので、特に美しい文章でなくてもいいのです。
それよりも、分かりやすくて読みやすい、そして返信しやすいメールが好まれます。

スポンサーリンク

≪読みやすい内容を心がける≫
読みやすいメールにするには、改行や空白を適度に使用するのが効果的です。
改行もせず字を詰め込み過ぎた文章は、パッと見ただけでも読みづらいと感じてしまいます。
ただし、ずっとスクロールしないと最後まで読めないほど改行してしまうと、面倒に感じます。
何事もやり過ぎには注意しましょう。


≪字の間違いに注意≫
難し過ぎる文章はいけませんが、社会人として疑問に思うほどとんでもない字の間違いが多すぎるのも禁物です。
携帯電話だと変換間違いが多いので時には笑いのネタにもできますが、せめて常識として知っていたい言葉や漢字は知っていたいですね。
とんでもない読み間違いなどは、恥をかくこともあるので気を付けましょう。
心配なときには、送信前に一度読み直してみるといいですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加